うちわ 扇子

房州うちわ入門講座、後継者育成と伝承へ30日から5回開催

房州うちわ振興協議会はうちわ作りを今後の職業として考える人を対象に「房州うちわ従事者入門講座」を10月30日から計5回開催します。 参加を希望した10人の受講生が基礎的な知識や技術を習得します。 房州うちわは千葉県唯一の国指定伝統的工芸品で、後継者となる人材育成とうちわの伝承を目指します。 講座では全21工程の中から中心となる割竹、貼り、断裁など15工程を学びます。 講師はうちわづくりの職人らが務める。講座は2013年度から始まり、今回が3回目の開催となります。 房州うちわは明治時代に生産が始まり、京うちわ、丸亀うちわと並んで日本三大うちわといわれています。 大正末期から昭和の初めには年間700万~800万本が制作されました。 現在では南房総市や館山市の5事業者で年間2万本弱の生産量といいます。

岡山城天守閣オリジナル扇子作製 再建50年記念展3日入場で贈呈

おかやま観光コンベンション協会は、岡山城天守閣(岡山市北区丸の内)の再建50周年を記念して、オリジナルの扇子を作製した。 ウルトラマンとコラボレーションした記念展(市など主催)が天守閣で開幕する3日、先着千人の入場者にプレゼントする。 扇子は、記念展を盛り上げるため企画。綿製の扇面には「烏(う)城」と呼ばれる漆黒の岡山城のほか、宇喜多家や池田家といった歴代城主の家紋や市の花のキクを描いている。 同協会の職員がデザインを手掛けた。 3日は午前8時半からオープニングセレモニーがあり、終了後に来場者へ手渡す。 中学生以下には扇子の代わりに菓子を配る。 同協会は「節目の年に城への愛着を一層深めてほしい」としている。 記念展は30日までで、入場料は300円(小中学生120円)

映画『シン・ゴジラ』CROSSクラウドファンディングより箔押し飾り扇子、ジャガードネクタイの申込受付スタート!

  株式会社そらゆめ(本社:東京都港区、代表取締役社長:室 彰浩)は、2016年10月4日にアニメ・ゲーム・コミック・クリエイター作品に特化した新しいショッピングプラットフォーム「CROSSクラウドファンディング」(URL:http://cf.xonline.jp/)において映画『シン・ゴジラ』の箔押し飾り扇子、ジャガードネクタイの受注生産販売の申込受付を開始しました。 ■製品内容 映画『シン・ゴジラ』より、箔押し飾り扇子の申込受付をスタートいたしました。 ゴジラの禍々しいシルエットを、全面金箔押しで豪華に表現いたしました。 非常に高級感あふれる逸品となっております。 表面には金箔に浮かび上がるゴジラの隆起を。 裏面には、今まさに侵攻をはじめようとしているゴジラの後ろ姿をイメージしたデザインとなっております。 専用の扇子立てが付いておりますので、すぐにお部屋に飾ることが可能です。 通常の扇子が7.5寸(約22cm)に対して、9寸(約27cm)と大きめのサイズの為、飾ったときの迫力も魅力なアイテムです。 飾り物としてお部屋を豪華に彩るアイテムであることはもちろん、扇子としての実用性も高いアイテムとなっております。

京都の扇子屋と「文豪ストレイドッグス」がコラボしたふすま紙ブックカバー

朝霧カフカ・春河35原作によるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」と、京都の扇子専門店・舞扇堂がコラボした、ふすま紙を使用したブックカバーが発売されます。 文庫サイズのカバーの表面には面絵師が描いた京都の四季が刷り上げられ、本にカバーを掛けた際、折り返し部分にキャラクターの姿が見える仕様となっています。 商品は9月に開催された京都国際マンガ・アニメフェア2016で先行発売され、現在は舞扇堂のWebショップで10月31日まで予約を受け付けています。 絵柄は中島敦、太宰治、芥川龍之介、中原中也の4種類で、価格は各972円です。

高知県のエコアス馬路村の木製うちわを東京五輪の土産に提案 

高知県安芸郡馬路村は、馬路村の第三セクター「エコアス馬路村」が製造販売している高知県産杉の間伐材うちわを2020年東京五輪・パラリンピック選手のお土産にしようと関係団体などに働き掛けています。 上治堂司村長がこのほど東京都内で丸川珠代五輪相や林野庁の今井敏長官らに“トップセールス”し、各国の選手に山間地の商品を通して日本らしさをPRしようと模索している。 東京五輪の施設に国産材の利用を図る動きが出てきた為、馬路村は2015年から独自に高知県産材の利用拡大を検討。 視察などで馬路村を訪れた外国人に国旗をプリントした間伐材うちわを贈ってきた実績も踏まえ、同様の活用を考えた。 馬路村と「エコアス馬路村」は2015年6月、企画書「木づかいうちわ・おもてなしプロジェクト」を制作し、「日本のエコロジーアイテム」としてうちわを位置付けました。 日本の暑い夏にうちわで選手に“涼”を感じてもらうほか、国土面積の7割を森林が占める「森林大国」の恵みを凝縮した木製うちわにおもてなしのメッセージも込める―との内容です。 具体的なおもてなしの方法として、選手村で選手らを出迎えた時に手土産として手渡す▽国旗とともに「ようこそ日本へ」という言葉を各国の言葉で表記する―などを企画書に例示しました。  

ナオト・インティライミ、扇子が当たるダジャレ企画

14日に約2年振りとなるオリジナル・アルバム「Sixth Sense(シックスセンス)」をリリースするナオト・インティライミさん。 今回「Sixth扇子(しっくすせんす)」企画がスタートしました。 全国のCD店6店にオリジナル扇子が置かれ、それぞれの扇子にはQRコードが。 これを読みこんで文字6文字を集め「Sixth Sense」SPサイトから応募すると抽選でオリジナル扇子にナオトの直筆サインを入れてプレゼントされるという。応募期間は2016年9月13日13時~9月19日(月)23時59分まで。 なお、11月から開催される全国アリーナツアー「ナオト・インティライミ アリーナツアー 2016 Sixth Sense」の公演として、11月18日・東京/国立代々木競技場第一体育館と12月1日・大阪/大阪城ホールの2公演が追加されました。  

『おそ松さん』おそ急さん6連うちわは“川崎の車窓から~東急グループフェスタ~”にて!

6つがひとつになった画期的なうちわ! 2016年9月25日に、プロサッカークラブ・川崎フロンターレの試合前イベントとして、等々力陸上競技場前の場外イベントスペースにて“川崎の車窓から~東急グループフェスタ~”が開催されました。 本イベントにて、テレビアニメ『おそ松さん』×東急電鉄コラボの“おそ急さん”グッズが販売されることが決定! 人気グッズはもちろん、新作の“おそ急さん6連うちわ”も販売されました。

「リサイクルうちわ」涼しか~ 芦北町の団体贈る

芦北町湯浦の住民ボランティア団体「湯北ほのぼの会」は11日、地元の温泉街の写真をデザインした「リサイクルうちわ」を、地域のお年寄りに贈った。「敬老の日」に向けて初めて制作しました。 同会の白川正秀会長が、毎年7月の地元の「湯の香まつり」で配られた後、会場に捨てられたうちわを「もったいない」と、3年前から回収。「作りなおして、お年寄りに配っては」と、会員に提案したといいます。 絵柄は親近感を持ってもらえるようにと考え、プロカメラマンとして東京で腕を振るった白川会長が地元の湯治。山中腹から撮影した湯浦温泉街の写真を利用しました。 写真をプリントした紙を回収したうちわに手分けして貼って、約90枚を作り上げました。 うちわは同日の敬老会の会場で配られ、約60人のお年寄りは大喜びされました。

「寄宿学校のジュリエット」ペルシアが巨大うちわでおもてなしin秋葉原

金田陽介「寄宿学校のジュリエット」のイベントが、9月10、11日に東京・秋葉原ラジオ会館前にて開催。コスプレイヤーの杏菜(あにゃ)が同作のヒロイン・ペルシアに扮し、オリジナルうちわや試し読み用の豆本の配布を行った。 杏菜と写真撮影もできる。 杏菜と写真撮影もできる。 8000本準備されたうちわは、昨日10日のうちに5500本以上が来場者に手渡されたとのこと。 またある合言葉を杏菜に伝えた人には、豪華な“王様の椅子”に座り、杏菜にジャンボうちわで扇いでもらえるという、ちょっとしたお楽しみも。合言葉は発売中の別冊少年マガジン10月号(講談社)に記載されている。 ペルシアに扮したコスプレイヤーの杏菜。 ペルシアに扮したコスプレイヤーの杏菜。 「寄宿学校のジュリエット」のコスプレを1年以上楽しんでいる杏菜は「この衣装も自作なんです。 シルエットがキレイに出るようにジャケットのウエスト部分を絞ったり、リボンも縫ったり。 制服のワッペンも手書きでスキャンしました」と笑顔を見せる。 「(別冊少年マガジンに)『寄宿学校のジュリエット』の読み切りが掲載されたときから面白いと思っていました。 絵がすごくかわいいし、ラブコメ部分も笑いのツボにハマっちゃって」と作品の魅力を力説。 なおイベント1日目の昨日10日には原作者の金田も現場に来訪し、盛況ぶりに感激した様子だったという。 別冊少年マガジン(講談社)にて連載されている「寄宿学校のジュリエット」は、敵対する2国それぞれの専用寄宿寮を持つ学園を舞台にしたラブコメディ。 東和国寮の1年生リーダー犬塚露壬雄と、宿敵・ウェスト公国寮の1年生リーダーのジュリエット・ペルシアの秘密の恋とハプニングが描かれていく。 単行本は3巻まで刊行されている。

涼を呼ぶうちわ あおぐだけじゃない①

夏の風物詩、うちわは様々な使い方が時代とともに生まれ、進化してきました。 貴人の顔隠し、武田信玄が川中島で上杉謙信の刀を受け止めたのもうちわ、歌舞伎役者のブロマイド代わりにもなりました。歴史をたどってみよう。 「昭和40年代までは町じゅうに竹の香りがしていた」。うちわで全国の生産シェアの9割、年間1億本を作っている香川県丸亀市の塩屋町を訪ねた。見渡しても閑静な住宅街で何のにおいもしない。 「今も生産は活況だが、プラスチック製を機械生産している。だから竹の香りはしないんだ」と香川県うちわ協同組合連合会会長の山下清さん。マンションのような建物が工場だ。プラ製が増えたのは、うちわをマンションや金融商品などの広告を載せる媒体として使うようになったから。「竹製うちわを作れる伝統工芸士が8人しか残っていないのは寂しいけど」と話す。 風を起こして涼んだり、火を起こしたりするのがうちわだと考えがちだが、時代ごとに新たな使い方が生まれて進化しています。    

サブコンテンツ

このページの先頭へ