「2016年11月22日」の記事一覧

850年の伝統 次代に篠山市本郷・春日神社

創建から850年を迎えた篠山市本郷の春日神社で10月16日、秋の祭礼に合わせて「850年祭」が営まれました。 50年ごとに催す大祭で、本殿での神事の後、本郷の氏子の子供や青年らが伝統の舞「春日おどり」「松づくし」を奉納するなどして節目を祝いました。 市無形民俗文化財に指定されている「本郷春日おどり」の踊り子は、西紀北小学校の3~5年生8人が務めました。 伝えられている曲目は15種類、踊りは「手踊り」「御幣踊り」「扇子踊り」の3種類があり、節目の今年は、扇子踊りの「向由利兵庫くどき」を12年ぶりに上演しました。 朱色と紺色の着物をまとい、顔におしろいと紅を差した子供達は、舞台の床几の上で、両手に持った扇子を器用に操りながら、拍子木や唄に合わせて、軽やかな舞いを披露しました。 成人男女8人による「松づくし」も上演。かさと扇子を使った優雅な舞いで、祭りに花を添えました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ