岡山城天守閣オリジナル扇子作製 再建50年記念展3日入場で贈呈

1102
おかやま観光コンベンション協会は、岡山城天守閣(岡山市北区丸の内)の再建50周年を記念して、オリジナルの扇子を作製した。
ウルトラマンとコラボレーションした記念展(市など主催)が天守閣で開幕する3日、先着千人の入場者にプレゼントする。

扇子は、記念展を盛り上げるため企画。綿製の扇面には「烏(う)城」と呼ばれる漆黒の岡山城のほか、宇喜多家や池田家といった歴代城主の家紋や市の花のキクを描いている。
同協会の職員がデザインを手掛けた。

3日は午前8時半からオープニングセレモニーがあり、終了後に来場者へ手渡す。
中学生以下には扇子の代わりに菓子を配る。
同協会は「節目の年に城への愛着を一層深めてほしい」としている。

記念展は30日までで、入場料は300円(小中学生120円)

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ