ジュエリーアイス うちわでPR 

pr
豊頃町観光協会(大谷友則会長)は十勝川河口で真冬に見られる十勝川の氷「ジュエリーアイス」の観光売り込みに力を入れています。

真夏の8月から冬を見据え、うちわを作製しました。

町内や帯広市内の観光客が立ち寄る拠点に配布してPRしています。

ジュエリーアイスは地元では、当たり前となっている光景で注目度はあまり高くなかったが、2,3年前ぐらいから道内外の写真家らに注目を浴びた。地元では観光素材として新たな名物になるとみています。

うちわは1200枚作製し、表にジュエリーアイスの写真を載せました。

夏の暑さをうちわの風だけでなく、見た目にも涼しさを感じてもらう狙いもあります。

うちわ裏面には豊頃を代表するイベントを紹介しています。

「とよころ夏まつり」(8月6日)

「とよころ産業まつり」(9月11日)

「CROSS COUNTRY豊頃町ササダ沼MTB大会」(10月9日)

「大津港大漁まつり」(12月4日)

など今年の開催日入りで列挙した。

うちわ配布場所は、町内では、とよころ物産直売所や、はるにれの木の休憩所などです。

帯広市内ではJR帯広駅内の観光案内所やホテルなどです。

<ジュエリーアイス>

豊頃町大津の十勝川河口の太平洋岸に打ち上げられた十勝川の氷の塊。

日光を浴びて輝く氷は神秘的。1月下旬から2月下旬までに見られる。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ