マイうちわでよさこい見物 高知市の紙製品店がワークショップ

uchiwa

自分だけのうちわ片手に、よさこい見物はいかがでしょうか?

9日開幕するよさこい祭りに合わせ、紙製品専門店「ペーパーメッセージ おびやまち店」(高知市帯屋町1丁目)が、高知県の名産品などをデザインしたシールでうちわを作るワークショップを開催されます。

本山珠里代表は「うちわを通して高知をPRしたい」と話しています。

「ペーパーメッセージ おびやまち店」は本山印刷(高知市大川筋2丁目)が母体です。

オリジナルの紙製品を市内2店舗と東京・吉祥寺店で販売しています。

東京で7月に開催したうちわ作りのワークショップが好評だったことから、高知らしいデザインを強化して、おびやまち店でも開くことになりました。

鳴子やアイスクリン、路面電車、ぼうしパンといった高知県ゆかりのモチーフや、海・川の生き物をデザインした紙製シール計約50種類をビニールプールに入れており、参加者が磁石を仕込んだ釣りざおにくっつけて釣り上げる仕組みです。

桂浜や海中などを描いたうちわの背景にペタペタ貼れば完成させます。

釣ったシールが気に入らなければリリースも可能です。

■参加費
500円
※シール4枚分

■日時
9~12日

午後1~午後5時

※事前申し込み不要

■問い合わせ先
「ペーパーメッセージ おびやまち店」(088-822-1156)

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ