奈良・唐招提寺で法要「うちわまき」

nara

奈良県奈良市の唐招提寺で5月19日、「うちわまき」の名で親しまれる法要「梵(ぼん)網(もう)会(え)」が営まれました。

僧侶らが厄よけなどの御利益があるとされるハート形のうちわ「宝(ほう)扇(せん)」約400本を参拝者にまきました。

鎌倉時代の同寺中興の祖・覚(かく)盛(じょう)上人の命日に行われている恒例行事。蚊を叩いて殺そうとした弟子をいさめ、不殺生を貫いた覚盛上人をしのび、法華寺の尼僧が命日に蚊を追い払ううちわを供えたのが始まりとされています。

鐘の音を合図に僧侶が鼓(こ)楼(ろう)(国宝)の2階から宝扇をまくと、参拝者が必死に手を伸ばしました。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ