宮脇賣扇庵の干支扇子!

楽天WOMANより、気になる記事を見つけましたので、引用しました。

干支扇子

宮脇賣扇庵は、雑誌CREAの夏小物特集で商品をお借りして以来、お付き合いのある京都の老舗扇子店。

先日、銀座にある東京支店で2016年の干支である猿(申)の扇子と出会い、そのほのぼのとした愛らしさにひと目惚れ。

ふと“インテリアに取り入れてみようかしら?”と思いつき、そのまま連れて帰ってきてしまいました。

私が購入した茶席扇。お正月だけでなく普段のインテリアにも取り入れたかったので、竹馬で遊ぶ素朴な猿の絵柄をチョイス。

左から、6寸表千家「三番叟」「竹馬」 各4,500円(ともに税抜)

干支扇子②

同じ絵柄も、背景がソリッドな金色になるだけでイメージが一新。

華やかな扇面は、銀箔を燻して黄色を塗ることで金色にした中金箔を使用しているそう。

手前から、茶席扇 5寸黒塗「竹馬」「三番叟」「絵馬」 各3,600円(すべて税抜)

いくつもある絵柄の中から選んだのは、金色の大小の小石砂子を散らした扇面に、竹馬で遊ぶ猿が描かれた茶席扇。

お店の方によると、扇子はすべて職人による手作りで、とりわけ京都では、扇骨作りから、金箔貼りや絵付けなどの扇面作り、更に扇面に扇骨を付け、要を打って仕上げる作業までの各工程を、それぞれの道を極めた職人が分業して行っているのだとか。

優れた職人たちの伝統的な技法を結集してひとつの扇子を完成させるなんて、なんとも贅沢な話ではないでしょうか。

 

 

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ