2016年ジャニーズのコンサートでファンサを貰えるにはコツがある?

ジャニーズのコンサートで欠かせないのが「うちわ」です。

そして、多くのファンがうちわを使って、「ファンサ(ファンサービス)」をしてもらえる事を期待しています。

誰もがうちわに力を入れる中で、実はファンサービスをしてもらえる人は傾向がある様です。

どうすればファンサをもらえるのか?秘伝のテクニックを調査してみました。

■うちわを使ってファンサをもらおう

ジャニーズのアイドルの「ファンサ」は、目を合わせてくれたり、手を振ったり、指で差すなど様々です。

けれどもコンサート会場は広いしファンも大勢いるので、手ぶらで待っているだけでは素通りされます。

そこで、うちわを使って自分の存在をアピールして、ファンサをもらおうとするのです。

例えば、自分が応援するアイドルの指名や顔をうちわにつける方法です。

アイドルによっては、それに気づいて手を振ってくれる場合もあります。

また、自分の希望するファンサを指差してアピールし、うちわを目立たせる方法もあります。

凝ったうちわ程、極端に反応されるとのこと。

嵐の大野くんはうちわに書かれたなぞなぞの答えを考えて、歌の入りに遅れたことがありました。

V6のイノッチはアブラムシの駆除法をうちわで教えてもらったとバラエティ番組で話したことがあります。
ファンサの傾向を事前に徹底的にリサーチしよう

けれども執筆する内容がおもしろくても、うちわを持参しているファンは大勢いるので、目には留まりません。

例えば、文字を大きくしたり、縁取りしたり、色使いを工夫するなどは基本的な手法になっています。

特にステージから遠くなるほど文字は見づらくなるので、インパクトのある一言で勝負した方が良いでしょう。

アイドルによっては応えてくれるファンサービスが決まっています。

お手振りしかしないメンバーに「指差して!」とアピールしてもスルーされるかもしれません。

事前にネットで調べたり、コンサートのDVDを見るなどリサーチしましょう。
関ジャニ∞のように、うちわに加えて好みの服装やメイクに反応しやすいグループもあります。

その辺りは雑誌やラジオで語られることが多いので、しっかりチェックです。

■マナー違反はファンサをもらえない

一方、コンサート会場に持ち込めるうちわにはルールがあります。

ジャニーズ事務所から提示されているのは
1.公式のうちわより大きいサイズは持ち込めない(装飾ではみ出してもNG)
2.一度に使える「うちわ」は一枚だけ(複数枚の持ち込みは可能)
3.「うちわ」は胸の高さまで(高く上げたり、横に振るのはNG)

の3つです。

それだけは最低限守りたいものです。
また、目立ちたいからとポログラムなどの光り物を使うと、コンサートの邪魔になります。

モールなどの飾りも外れやすいのでもちろんNGです。複数枚のうちわをつなげて一つにするのも周りのファンの迷惑になりますし、書く内容も過激すぎると周りも不機嫌きなってしまうというもの、なので常識的なものにしましょう。

マナー違反のファンがいるエリアには、絶対に行かないアイドルもいるといわれています。

ファンサに夢中になり過ぎないよう、節度ある行動を心がけましょう。

コンサートで欠かせないのが「うちわ」なんですね。

「うちわ」の使い方がポイントですね。

 

 

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ