扇子(センス)の形態とは?

今日は、扇子(センス)の形態とは?です。

数本から数十本の細長い竹や木で出来た骨を束ねて端の一点(要=かなめ)で固定し、使わない時は折りたたみ、使用時に展開します。

骨には、たいてい紙が貼られており、展開すると紙を貼られた部分が雁木形の扇面となります。

折り畳む事でコンパクトに納める事が出来ます。

開閉の方法は、骨を右手親指でずらすように押す事で開きます。

一般的な扇子は、右利き用であるが、左利き用も販売されていています。

また、扇子そのものを振る事で開く方法もあります。

折りたたんだ際の形状が持ち運びに優れている事から、夏場の外出時での涼みに使えるとして愛用する人も多いと言われています。
扇子を開く角度はだいたい90度から180度の間であり、円を三等分した中心角120度前後のものが主流です。

扇子を開いた形は「扇形」(おうぎがた/せんけい)と称し、幾何学の用語にもなっています。

このような扇子の形状は「末広がり」に通ずるので縁起のよいものとされ、めでたい席での引出物としても用いられています。

扇子(センス)イラスト

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ