うちわの付帯品・関連品

今日は、うちわの付帯品・関連品についてです。

ひと昔前までは、団扇敷きや団扇立てをどの家でも座敷や客間に備え、団扇をいれて夏場の来客の供とする大切なもてなしの道具の一つでした。

使用される素材は涼味を感じる竹が多いです。

団扇敷きは団扇の扇部を置く盆のような籠や箱で、竹編みで、柄の部分が外に出るように作られている場合が多いです。
■付帯品
うちわ敷き、うちわ箱、うちわ立て、うちわ袋、房など
■関連品
浴衣、簪、櫛、中差し、蚊帳など

 

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ