扇子の歴史

「扇」という漢字は本来軽い扉のことを意味し、そこから転じてうちわのことをいうようになりました。

うちわは紀元前の中国で用いられたという記録があります。

また古代エジプトの壁画にも、王の脇に巨大な羽根うちわを掲げた従者が侍っている図があり[1]、日本では利田遺跡(佐賀県)において、うちわの柄が出土した例があります。

このようにうちわは文明発祥時から存在するが、木の薄板を重ねたり、また紙を折りたたんで製作する扇は日本で発明されたものであります。

「彩絵檜扇」 平安時代後期、厳島神社蔵。

扇を形作る檜の薄板全てに胡粉、さらに雲母を塗り、金銀の箔を散らして絵を描く。

児童および婦人用の檜扇であります。
最初に現れた扇は30cmほどの長さに2~3cm幅の薄い檜の板を重ねて作る檜扇と呼ばれるもので、これは平安時代初期、世に現れました。

紙は貼られておらず、その起りは一説には木簡を束ね一方の端に穴を開け、そこに紐などを通して縛ったものだという。

また檜扇のそもそもの用途は開いて煽ぐものではなく、メモ帳として物を書きつけるものであった。

後に檜扇は冬の季節の扇とされた。
その後、平安時代の中頃までに、5本または6本の細い骨に紙を貼った蝙蝠扇(かはほりあふぎ)が夏の扇として現れます。

これが現在一般に見られる扇の原型であるが、この頃の紙貼りの扇は扇面の裏側に骨が露出する形式であった。

平安時代には扇はあおぐという役割だけでなく、儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられた。

具体的には和歌を書いて贈ったり、花を載せて贈ったりした事が、『源氏物語』など、多くの文学作品や歴史書に記されています。

このように扇は涼をとったりもてあそび物にされる一方で、時代が下るにつれ儀礼の道具としても重んじられ、公家や武家また一般庶民の別なく、日常や冠婚葬祭での持ち物のひとつとされた。
他には、宮中において2組に分かれて扇を持ち合い、その描かれた絵画や材質の優劣を競い合う扇合せという行事が円融天皇の天禄4年(973年)に行われたという記録があります。

また近世には毎月一日、天皇が三種の神器が安置されている内侍所へ参拝する時の持ち物として、御月扇と称して月毎に末広の扇が絵所より新調されたが、その他に表面に古代中国の賢聖、裏面に金銀砂子に草花を描いた賢聖御末広という末広が献上されることもあった。
日本の扇は、中国大陸には北宋の時代に伝わった。

『宋史』には北宋の端拱元年(988年)、日本の僧奝然の弟子喜因が中国に渡った際、檜扇と蝙蝠扇すなわち紙を貼った扇を宋の朝廷に献上したという記録がある(列伝・外国七)。

以後多くの日本の扇が中国へ渡るが、中国においても日本の扇に倣い、折りたたみのできる紙貼りの扇が作られるようになりました。

また16世紀に入り日本とポルトガルとの交易が始まると、日本の扇も中国で作られた扇とともにヨーロッパに伝わり、ヨーロッパでは貴族の女性の持ち物として、日本や中国のものとは違う独自の様式の扇が作られました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ